三菱 ミニキャブトラック  車検
0

    JUGEMテーマ:自動車整備

     

    ミニキャブトラックの車検をしました。以前は他の整備工場で依頼していたらしいのですが今回は当店へご依頼していただきました。

    走行距離30万キロ越えの強者です。昨年 エンジンを乗せ換たとのことですが足回りは30万キロの経過を見ることができると思います。

     

     

    さすがは30万キロ越えの車です ロアアームのブーツが左右とも破れています。

     

    右は完全にグリスがきれています 

     

    左右ともガタ等は無かったのでグリスを注入し新品のブーツと交換しました。

     

    今回の整備のメイン箇所です。引き取り時にメーターの警告灯が何か所か点灯していなかったので変だと思っていたのですが… O2センサーの配線がぶちぎられています 本来なら写真の赤線部は配線でつながっています。この状態ではエンジンチェックランプも点灯するはずなのですが・・・ シートベルト、サイドブレーキの警告灯その他数箇所点灯しません

     

    メーターを外し裏を見るとなぜか赤丸部の球が抜かれていました。おそらくチェックランプが点灯した理由の不具合部分の修理をせず球だけを抜いたと思われます。一応お客様に報告すると以前に依頼していた修理工場がやったとのこと… なんちゅう修理のやり方…これで料金も請求されたとのことですが 同業者として恥ずかしくなります

     

    O2センサーを交換して、その他の不具合箇所を直しメーターに球を取り付けました。

     

    イグニッション オンで点灯エンジンがかかると消灯するのを確認し無事車検合格です。

    | 14:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | - | - |

    Comment









    Trackback



    PR
    qrcode

    無料ブログ作成サービス JUGEM

    Profile
    New Entries
    Recent Comments
    Archives
    Category
    Recommend
    Link